山もみじ Yamamomiji Japanese Maple Named【 Koga 】 ~ Refined ~

IMG_3943

IMG_3944

Omiya Bonsai Art Museum

2014年5月から11月の間に鉢替えがされていた。

毎度思う事なのだけど銘品の数々が今まで可能な限り時代をさかのぼって履歴は管理されているのだろうか。骨董品は由緒書きあるいは箱書き(当てにならない場合が多くい。所有した方の思い込みが多々あるが、情報として検証する事は出来る)があったりする。誰が所有してきたか、それに関わった具体的な事象をあえて不透明にし状況応じて(素人にはこの部分に腰が引ける)詳細を小出しにしている様な気がする。何となく土払いにあるような潔癖と駆け引きでしょうか。

それとも伝え聞く言われを物語の断片として「今は昔」と目の前にある盆栽を穏やかに楽しむのが良いのかなと思ったりする。

しかし、こんな事書いているとその内バチが当たりそうだ。

昨年は10月頃まで主にスマホカメラで撮っていて、エフェクト処理に熱を上げた奇妙な画像になっている。

広告

野梅 Yabai  -Japanese Apricot- History of white apricot

IMG_4003
             Take on January 31, 2015.Omiya Bonsai Art Museum.
IMG_4001
             Take on January 31, 2015.Omiya Bonsai Art Museum.
IMG_3999
                 Take on January 31, 2015.Omiya Bonsai Art Museum.

梅の原種に野梅は近いそうだ。万葉の頃に中国から渡来する。奈良時代に読まれた歌の梅は白梅。平安時代は紅梅。おお、だから紅梅の君なのかとうなづく。

樹の寿命 About the end of the tree

IMG_3982
January 31, 2015 shooting  Omiya Bonsai Art Museum Shimpaku 真柏 【 Japanese Juniper 】 collectionNo.Buko  武甲 
IMG_3974
January 31, 2015 shooting  Omiya Bonsai Art Museum Shimpaku 真柏 【 Japanese Juniper 】 collectionNo.Buko  武甲 

樹の寿命を調べてみた。海洋植物を除いて地上にある自然環境では樹齢9550年(これは数字にのみ追い、クローン性コロニーを優先する)のスウェーデンにあるトウヒ(蝦夷松の一種)。自生している場所は伏せている。4本くらいしか生えてないそうだ。

林業をしていた祖父は山で寿命がつきた大きな樹が出ると、麓におろし保存していた。そうすると電話が来る「おい、出たぞ?いるか?」 その樹は乾燥が終わった後、工場で注文したサイズに加工されテーブルの天板や火鉢、丸田椅子になった。寡黙だったが人懐っこい笑顔と同様に温かい思い出の贈り物だ。

私が盆栽に興味を持ち、今頃になって自身が木を生業にしている職業に近い関係にあったのを思い出したのは、山で寿命が尽きた樹とは違う人の手に委ねられ盆栽となった後の寿命を思ったからだ。人から人へと渡り、姿を変え名前を変え、いつその息絶えてもおかしくない今を生きる過去からの贈り物、その盆栽は寿命を超越して100年1000年前にあったのを今に、また100年後1000年後にも存在している様な気がさせれる。それがその凄さなのかと。

http://www.wired.com/2010/03/old-tree-gallery/all/

真柏 武甲 背面 Shimpaku :Japanese Juniper Named: Buko

IMG_3980a
January 31, 2015 shooting Omiya Bonsai Art Museum
IMG_3979-a
January 31, 2015 shooting Omiya Bonsai Art Museum

前日の雪で展示場所(軒下だったので屋根から落ちる雪から避難)が変わり、この様な背面を見ることが出来た。かっこいいですよ。

今の世に、ここまでして、この姿で葉を茂られさせているのが不思議なくらい(育成管理している方の賜物)。いつ逝かれてもおかしくない。この様な銘品の寿命が尽きた場合は盆栽界の慣例があるのだろうか。挿し木を採るとか、培養細胞を保存、シリコン保存….「枯れました」と一言が潔いかも。

この間読んだ本に「銘木に裏表なし」は格言の様に言われるがそれはどうか?その盆栽によりけりが妥当なところで。

いわしで Iwashide (Korean Hornbeam)

collection No.083   This is recorded as having been mountain picking(yamadori) in the Korean Peninsula.

山採りはですね、地主さんの許可を貰っているか、心構えがそれなりにないのでしたらいかんのです。現代の日本では。祖父が山持の林業をしていたのですが、特に養生中の場所を荒らして根こそぎ持って行っちゃう様な人達は迷惑な事なのです。地道に自分の培養所で育て下さい。

梅 Japanese Apricot

IMG_3983

銘【 思いのまま 】 Name:freely or at will

枝振りが思いのまま。観る人のおもいのままにとか。主語抜け会話を操り、それが通じることを道徳とする日本文化は良い意味では情緒で、外れると空気読めない人。樹皮のメタボ感が良い。セルライトかな。