移転のお知らせ

Notice of relocation  Please click here      ぼんさい bonsai my impression

容量制限を迎えてしまった。てなわけで相変わらずWordpressにて新規HPを立ち上げる。

良かったら引き続きみて下さい。

IMG_8383
花札遊び 2月 梅
広告

初めての万年青

koiya_16.02.13_3

国風展の後、同時開催の水石名品展を観て上野グリーンクラブの立春盆栽大市に向かう。標準的なコースですね。(精養軒での名品内覧会は招待状なるものがあると知り、これは「お客様」ではないものは無礼者になると判断し止めとく)

前から一つは欲しいと願った万年青を購入する。作風展の時に新潟県の愛好者の方から熱~く「万年青の魅力」を教えて頂き、3月に開催される萬風展観に来てねの声を掛けに「はい、行きます!」気を熟しての万年青デビュー。最初は赤ちゃんサイズからで。

リーフレットが大変綺麗で、また豪奢な万年青鉢はロシアのインペリアル・イースター・エッグに匹敵します。

会期:第16回萬風展 3月5日(土)〜3月6日(日) 場所:上野グリーンクラブ

koiya_16.02.13_6

国風盆栽展 

第90回国風盆栽展後期2月10日(水)〜13日(土)。インフルエンザ明けには体力的にしんどい鑑賞になり、会場の熱気に圧倒されよろつき、と言うか混雑しているのに驚いた。(後期の初日だから?)

また、今年度から撮影可になっていた。うれしい!有難い、ありがとうございます。念のためカメラ持参していて良かった。

スポット照明を今回から取り入れたそうだ。前年見た時にのっぺりした照明が気になっていた。正直なところあともう少し!欲しいところなのだけど難しいのでしょうか。


 

国風賞 受賞作

席番:16 真柏

席番:34 真柏

koiya_16.02.10_131

席番:55 深山かいどう

koiya_16.02.10_68

席番:77 かりん

koiya_16.02.10_114

席番:128 中品 緋梅 けやき

国風賞・貴重盆栽登録を同時に受けた殿堂入りの樹もありました。

ともかく渋滞がおきる程の入場者なので、ゆっくり見るとは行かずまた写真を撮ろうとすると今度は自分が渋滞を起こす原因になるので、パッと撮ってはい次にと慌ただしいものになり、せっかくの名品がしかっと撮れなかったのが残念。カメラ初心者は一枚撮ってから調整してまた撮り直すので時間がかかる。通路が狭く鉢や卓、添え物の全体を撮ろうとすると更に難しく。撮影解禁になると欲まみれになりますね。いかんですね、ありがたく撮らせていただきます。次回は時間帯や日程を注意して参観しよう。


席番:150 ひょうたんぼく これがすごく気にいりまた気になる。ひょうたんぼく?細っこい枝のうねうねイカゲソ具合が絶妙で。魔物ぽっくて面白い。さっそくwikiさんで調べてスイカズラ系と分かり、農協センターに発注するのを決める。ヒョウタンの実が楽しみですわ。


鉢と呼んでいいのか、今回印象的だったのが平板の自然石(少し加工はしてあるが)に植わった御作をいくつか見かけた。開放的で広がりが良いですね。寝ころんだ時の目の高さにで鑑賞したい。


 

koiya_16.02.10_76

宮内庁:席番121 桧

大道庭園にいつかは行きたい。これは草むしり隊に志願するしかないかも。盆栽村の盆栽園さんがそちらの手入れに伺っていると本で読みました。


 

全席数181席。最後にたどり着くのは自身の好みとしっくりくる相性。人の手を介してではありますが相手は植物。嫌いは横に置いて(樹に責任はとらせられない)穏やかに眺めよう。なのでお好み一品に出会えますように、今秋土曜日まで。


 

備考:苔の化粧張りがどうもしっくりこないと感じる作品が多くなりました。US圏での展示会審査基では後付け苔は審査外となるを聞きまして日本も時期を見てその基準が逆輸入される事になるのかな。

 

もみじ

koiya_4
挿し木の一年目

インフルエンザをもらって二週間たったが、どうも治りきらず就寝中の咳き込みで睡眠不足になり体がしゃっきりしない。外に出る時はマスクをつけっぱなので口紅を塗らなくてすむのは楽でよろしいが。で、国風展始まって、もう後期になると言うのにまだ行けない!電車に乗る気力がいるのですよ。気力がね、萎えている。で、しっかり晩御飯を食べて元気出そう。

今朝は窓枠が凍り開かなかった。

 

ピンク猫柳

koiya_16.02.01_1

4日くらいインフルエンザで寝込んでおりました。家の隔離部屋に越冬中の苗木と一緒にすごしながら、あんたらにゃうつらんよねとかぼやく。蕾の殻がカサと外れふさふさの綿毛が現れたのを見た時は驚いた。

ピンク猫柳。苦笑いするまんまの品種名で分かりやすい。

一日目のボケ

koiya_16.01.25_1
ボケ 品種:緋の御旗

初めてのボケ購入。日本ボケ協会のタグがついていた。

日本ボケ展観たいですね!毎年2万も訪れるそうだ。日帰りの日程で新潟市に向かうのが悩みどころ。せっかくの新潟県ならば連泊し観光をしたい。鮭と酒、朱鷺に鶴、お米に笹巻団子、金物に柿の種。翡翠に糸魚真柏。中野忠太郎さんとジェンキンスさんが呼んでるとよ。是非行きたいのですが…行ってたら投稿します。

日本ボケ展の日程は 2016年3月4日(金曜日)~2016年3月13日(日曜日) になります。

詳細はこちらをクリックして下さい。日本ボケ協会


見てのとおりのばっつんばっつん伐られていた。「桜伐る馬鹿梅伐らぬ馬鹿」の諺に従い、伐るところはしっかり落として消毒し、始末を良く育てます。5年位たったらどうなるかな。

koiya_16.01.25_16